ガルバニック腐食レスで190℃までの環境に対応する高温用ポリアミドを自動車用途で上市 BASF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BASFは2021年3月18日、高温用ポリアミドのポートフォリオを拡充する製品として、過酷な環境下に対応し、ガルバニック腐食レスでハイブリッドや電動パワートレインの使用要件に適合する「Ultramid B3PG6 BK23238」を発売した。

Ultramid B3PG6 BK23238は、190℃までの耐熱性があり、ハロゲン化物や金属フリー安定化(ハロゲン化物含有量 :<50ppm)により、電気部品のガルバニック腐食を防止する。30%ガラス繊維で強化されており、優れた耐熱老化性を備え、振動溶着やホットガス溶着へも適用できる。

自動車業界では最高190℃の温度要件を満たすPA6標準材が求められていたので、BASFは新たなP系熱安定剤を開発。金属フリーでありながら、190℃までの温度要件を達成し、既存のPA6GF30と比較して熱老化特性を大幅に向上させることに成功した。

Ultramid B3PG6 BK23238は、この新しい熱安定剤を使用した新たな製品グレードであり、ガラス繊維強化耐熱性ポリアミドのポートフォリオを拡充する。従来の使用環境に加え、電気自動車やダウンサイジングエンジンなど、高温かつさまざまな材料特性が要求される用途で有用だ。多様で業界横断的な応用ができるため、BASFは同製品を魅力的な価格で大量生産し、供給するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る