GoogleやAmazonなどが参加の業界団体、スマートホーム製品向け標準規格「Matter 1.0」をリリース

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTのためのオープン規格策定に取り組んでいる標準化団体のConnectivity Standards Alliance(CSA) は2022年10月4日、Matter 1.0規格を公開し、Matter 認証プログラムを開始した。

CSAはAmazon、Apple、Comcast、Google、Samsung、Signifyなどを含む280社以上が参加する団体だ。Matterはより互換性が高く、シンプルで安全なIoTを可能にする規格。Matterに対応するスマートホーム製品同士が相互運用性/接続性を持つようになり、開発企業はより付加価値を持つ機能の開発に注力できるようになる。

Matter がユーザー、製品メーカー、プラットフォームを含むすべての関係者のニーズを満たしているかについては、メンバー企業がそれぞれの技術、経験、イノベーションを持ち寄って確認したという。

Matter 1.0のリリースに伴い、すでに認定テストラボを製品認証のために開放。テストハーネスとツールは利用可能となり、オープンソースのSDKも完成した。また、Matter 1.0の認証プログラムは、Matterだけでなく、Matterの基礎となるネットワーク技術である、Wi-FiとThreadのテストに対応した認定テストラボ8つを含むグローバル認証プログラムとともに開始となった。

CSAは今回のMatterのリリースにより、一般的なスマートホーム製品を幅広くサポートできるようになるとしている。例として、照明や電気、HVAC(暖房/換気/空調)制御、窓枠やシェード、安全/セキュリティセンサー、ドアロック、テレビなどのメディアデバイス、デバイスやアプリケーションとしてのコントローラー、ブリッジなどが挙げられている。

関連リンク

Matter Arrives Bringing A More Interoperable, Simple And Secure Internet Of Things to Life

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る