パスポートサイズの車載用スピーカー、韓国LG Displayが開発――内蔵型でグリル不要に

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国LG Displayは2022年11月21日、自動車向けの新しいサウンド技術「Thin Actuator Sound Solution」を開発したと発表した。2023年前半に発売の予定だ。

従来のスピーカーは、ボイスコイルやコーン、マグネットなどの部品のために大きく重くなっている。それに対してThin Actuator Sound Solutionは、同社のフィルム型エキサイター技術により、非常に薄く軽量に仕上がっている。大きさはパスポートほどの150×90mmで、厚さは2.5mm、重さは40gと軽量。従来のカースピーカーに比べ、重さは30%、厚さは10%に抑えられている。

このような小型で新しい形状のため、ダッシュボード、ヘッドライナー、ピラー、ヘッドレストなど、車内のさまざまな場所に設置できる。そして、同社独自の技術により、車体内部のさまざまな素材を振動させ、豊かな3D没入型のサウンド体験が可能になるという。

内蔵型であるため、スピーカーグリルが不要となるだけでなく、音質を損なうことなく、通常は車載スピーカーが占めるスペースを空けて、スペース効率をよりよくすることができる。さらに、従来のスピーカーに使用されていたネオジム(Nd)などの希土類元素を使用しないため、より環境に優しいものになっているという。

このスピーカーは、2023年1月5〜8日に開催したCES 2023に展示された製品の中から、高い評価を得た製品に贈られるCES 2023 Innovation Awardを受賞している。

関連リンク

LG Display Develops ‘Invisible’ Speakers for Automobiles

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る