第5世代移動通信(5G)を扱える企業・求人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第5世代移動通信(5G)とは?

第5世代移動通信とは、4Gと呼ばれるLTEやLTE-Advancedの次の世代の通信方式である。最高速度は10Gbps以上、LTEの1000倍の容量を持つ規格となる予定で、2020年の東京五輪において一部サービスの提供が検討されている。

第5世代移動通信には、ビームフォーミングにより効率的な電波の使用が可能となるMassive MIMOなどの技術が用いられ、1ミリ秒以下の遅延性を可能としている。

通信キャリアが中心となり、第5世代移動通信システム実現に向けた研究開発が行われているが、スマートフォンへの使用が予定されているだけではなく、IoTへの応用も想定されている。

第5世代移動通信(5G)を取り扱う企業は?

第5世代移動通信については、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの通信会社が実証実験などを行っている以外に、IDTが10Gビット/秒と5Gにも利用可能な性能を持つミリ波デュアルモデム「RWM6050」、村田製作所が5Gの基地局向けのDC-DCコンバーター「MYMGK1R820FRSR」などを開発・製造・販売している。

第5世代移動通信(5G)に携われる求人は?

第5世代移動通信で使用する機器やモジュールの「技術開発」「設計開発」「高周波回路設計」「組込制御」「移動通信向け計測機開発」などの求人が出ている。また、第5世代移動通信を利用した自動運転やコネクティッドカーの開発も行われていることから、車載通信機器や車載共通基盤などの「ハード開発」「ソフト開発」を募集している企業もある。

機器や装置を開発するだけではなく、第5世代移動通信を応用したシステム開発関係の求人も少なくない。大手携帯キャリアなどを顧客とする企業が、通信事業者向けのシステム開発として、「基地局システム開発」「通信システム」「通信制御」「サービスエンジニア」などの求人を見掛けることもある。

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る