JST、パイクリスタル、オルガノサーキット、印刷できる有機半導体を用いてLEDディスプレイの低消費電力アクティブ駆動に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発したLEDディスプレイの有機アクティブマトリクス

科学技術振興機構(JST)、パイクリスタル、オルガノサーキットは2017年12月8日、印刷できる有機半導体を用いてLEDディスプレイの低消費電力アクティブ駆動に成功したと発表した。垂れ幕など、軽量で吊り下げ可能な大型動画表示も可能になるとしている。

イベント会場などで利用できる、大面積で垂れ幕状の動画表示デバイスの開発が望まれている。しかし、従来のLEDディスプレイは重さやコスト、消費電力の問題が大きく普及が限定的だった。一方、印刷できる有機半導体は、電流密度の性能が十分でない、高価な設備が必要な上に低歩留まりによってコストが大きいなどの課題があった。

そこで研究グループは、溶液塗布のプロセスによって、10×10cmのエリアで均一なトランジスタデバイスを作製するプロセスを実現。LEDの駆動に十分な電流を得られる高移動度トランジスタアレイの一括形成に成功した。また、トランジスタアレイを形成する個々のチップを切り離し、50cm角のフレキシブルディスプレイ基板上の各画素に貼り合わせるラミネーション実装法を新たに開発。ディスプレイシートの安価な回路製造プロセスを確立した。さらに、LEDディスプレイを駆動できることも実証している。

ラミネーション実装法

今後の展開としては、50cm角の軽量フレキシブルシートを複数並べた、より大きなディスプレイを開発し、テストマーケティングを行った上で、2~3年後に商品導入する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る