サイバネットシステム、図面のGD&T化コンサルティングサービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイバネットシステムは2015年11月13日、図面のGD&T(幾何交差)化コンサルティングサービスの提供を開始すると発表した。グローバルに通用する図面の作成をサポートすることで、クライアント企業の品質トラブル軽減に貢献するという。

これまで日本国内では、図面作成に寸法公差を適用するのが一般的だった。その結果生じる品質評価の曖昧さについては、製造側の経験に基づく解釈やすり合わせのほか、あうんの呼吸などでカバーしていた。

しかし、製造拠点のグローバル化やサプライヤーの多様化が進む昨今、従来とは異なる図面の解釈で部品が製造され、最終的に組立トラブルや性能不良に繋がるケースが多発。そのため、国際的記述方法であるGD&Tの活用で曖昧な解釈を許さない図面を作成することが、今や品質担保には不可欠となっている。

こうした背景のもとで、サイバネットシステムは元トヨタ自動車の高畠淳一氏を社外技術顧問に迎えて、図面の幾何公差化を支援するサービスの提供を開始。高畠氏はでトヨタで初めて3次元公差解析とGD&Tによるトヨタ流ディメンジョナリング・エンジニアリングの方法論を確立。多くの車種の組立において、自ら実践してきたエンジニアだ。

コンサルティングサービスの内容は、「幾何交差の誤記修正」、「幾何交差の表記方法の変更提案」、「寸法公差方式から幾何交差方式への変更」となる。クライアントの設計現場に足を運んで、実際の図面に添削・コメントを加えるほか、現状の製造・品質評価方法に基づいた幾何公差図面作成のサポートまで請負うという。

またサイバネットシステムは、3次元公差マネジメントツールである「CETOL 6σ」のサポートも実施。CETOLを利用中の企業に対しては、CETOLで設計意図の確認を行いながら幾何公差図面を作成するプロセスを解説するほか、公差解析ツールだけではない設計ツールとしてのCETOLの活用方法も提案するとしている。

関連リンク
プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る