高精度CFD(数値流体力学)ソフトウェア「FloTHERM」、自動キャリブレーション機能を備えた最新版発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンター・グラフィックスは2015年11月13日、高精度CFD(数値流体力学)ソフトウェア「FloTHERM」の最新版を発表した。同社の熱測定装置「T3Ster」が記録した過渡熱測定結果とシミュレーションモデルを一致させる自動キャリブレーション機能を備える。

最新版のFloTHERMは、T3Sterと同じ演算プロセスを使用して、シミュレーションによる過渡熱応答構造を構造関数のグラフに変換する。

構造関数の相違はシミュレーションモデルが不正確であることを示す。その原因は、サーマルインターフェースマテリアルの厚さや界面熱抵抗などの直接測定が困難な寸法、物理特性を含めた不正確な面にあることがほとんどであるという。

今回のFloTHERMは、モデル入力を変更するための最適化された機能が搭載されており、シミュレーションで得られた構造関数を、T3Sterを用いて実測から得た構造関数に近づけて一致させるようキャリブレーションを行う。これによりFloTHERMモデルが過渡熱アプリケーションの種類に関係なく正確に応答するようになるという。

同社はこれにより、シミュレーションデータ精度の最大化を支援するとともに、自動車、航空宇宙、電子製品業界にとって必要な製品信頼性のより多角的な解析を実現することができるようになるとしている。

関連リンク
プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る