ルネサス、3Dグラフィックス・インスツルメント・クラスタに特化した車載用SoC発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルネサスエレクトロニクスは2016年2月16日、3Dグラフィックス・インスツルメント・クラスタ・システムに特化した車載用SoC「R-Car D1」を発売した。

R-Car D1は、近年高級車から小型車まで広く使われる3Dグラフィックを活用した計器類などのパネル表示を、高解像度かつ正確、安全に表示させるために開発された。

同製品では、HMI(Human Machine Interface)ソリューションにおける同社の経験や実績、またクラスタ・システム開発に長けたパートナー企業の協力により、デザイナーが描いた画像を容易にクラスタ・システムとして表現できるという。

また、システム誤動作の早期検出、自動車用機能安全規格ISO26262への対応、さらにハードウエアセキュリティ機能を搭載した32ビットマイコン「RH850」を採用するなどして正確性や安全性、堅牢性を高めた。

通信インターフェースは、ナビゲーションシステムとつなぐEthernet AVB、スマートフォンと連携するUSB、車両情報機器と接続するCAN-FDなどを備える。

同社の2Dグラフィック向けチップ「RH850/D1M」と同様の2Dグラフィック・システムを搭載しているため、RH850/D1Mでの開発資産を引き継ぐことができる。また、R-Car D1とRH850/D1Mをシステム内で併用することも可能だ。

現在サンプル出荷中で、サンプル価格は5千円(税別)だ。2017年3月から量産を開始し、2018年3月には月産10万個を目指すという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る