ST、Linux対応のSTM32マイコン用無償組込み開発ツールを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STマイクロエレクトロニクスは2016年2月17日、同社の32bitマイクロコントローラSTM32用の無償組み込み開発ツールを、Linuxユーザ向けに拡張したと発表した。

Linuxは、その多くが無償で提供され、またオープンソースのアプリケーションも豊富な、技術者にとって魅力的な環境だ。しかし、これまでほとんどの組み込みシステムの開発ツールはWindowsにしか対応していなかった。今回の対応により、Windowsとあわせ、主要なOS環境でSTM32を使用した組み込みシステムの開発が可能となる。

今回Linuxに対応したのは、STM32CubeMXの初期設定ツールと、Ac6社が開発した統合開発環境(IDE)のSystem Workbench for STM32だ。System Workbench for STM32はwww.st.com/sw4stm32から入手でき、OpenSTM32.orgコミュニティがサポートする。

今回の対応により、Linuxユーザーは、使い慣れたデスクトップ環境のまま、STM32マイコンを使用した組み込みシステムの開発が可能となった。加えて、無償の開発用ツールを利用してマイコンの設定およびコード開発・デバッグができるようになったという。またツールのインストールも、通常のLinuxのツールと比較して、容易で迅速になったとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る