光源の有無に左右されずに夜間の遠方撮影や画像認識ができる車載用FIRカメラシステムを開発 JVCケンウッド

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JVCケンウッドは2020年12月23日、光源の有無に左右されずに夜間の遠方撮影や画像認識ができる車載用FIRカメラシステムを開発したと発表した。夜間などでも視認性が高い映像を記録でき、人物や物体などを検出できるという。

新たに開発した車載用FIRカメラシステムは、太陽光や街灯など光源の有無に左右されることなく、夜間の撮影や画像を認識ができる。夜間など人の目には見えづらいシーンでの視認性が高い映像の記録、人物や物体などの検出、警告に対応し、ドライバーに安全/安心を提供できる。

通行人が視認できないような夜道での認識

ヘッドライトによる逆光に埋もれてしまう人影の確認

センサーは、遠赤外線センサーメーカー仏Lynredのマイクロボロメーターセンサー(QVGA 320×240 12μm)を採用。独自アルゴリズムの画像補正技術を同社協力のもと開発し、搭載することにより遠赤外線画像を高画質化している。

カメラ部は、住友電気工業と共同開発した車載用小型レンズユニットを採用。レンズ保護窓レスとしており、小型化しながらも耐衝撃性や耐候性を確保している。カメラユニットを37×37×39mmと小型化しているため、全面投影面積が少なくスペースの限られた車両前面にも容易に搭載できる。10万kmを超える走行試験を実施し、降雪地や寒冷地などでの信頼性も確保している。

また、車載用FIRカメラシステムとして最も有効な機能となる夜間の人物を認識し、警告するシステムを搭載。独自技術を用いて開発した軽量アルゴリズムを認識エンジンとして搭載しており、高価な画像認識専用CPUを使用せずに、認識システムとカメラシステムを汎用CPUに同時に実装し、ECUシステムの簡略化と低コストを図っている。

平行して認識システムとカメラユニットを開発することで、相互に成果を上げ、個々の開発レベルを高め、100mを超える遠方人物認識に対応している。認識アルゴリズムは、検出用の辞書を切り替えることで動物認識にも対応。人物と動物という異なる対象物を一つのアルゴリズムで検出できる。この認識システムは、車載分野以外のセキュリティ関連やヘルスケア用途などさまざまな分野へ転用できる。

新たに開発した車載向けFIRカメラシステムは今後、夜間運転時の警告システムとしての活用や自動運転時の車載用カメラとしての展開を目指す。また、業務用車両や高い監視カメラなどあらゆる分野に対して提案していくため、新たなカメラソリューションとしての開発も進めていく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る