キヤノンITS、機械系と建築系を融合したCADソリューションを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンITソリューションズは2016年5月18日、機械系CADの「SOLIDWORKS」と建築系CADの「Vectorworks」を融合した「設計製造業向けCADソリューション」を、2016年5月30日から提供すると発表した。空間に商品を組み込んだイメージや活用シーンを簡単に表現できる。

CADソフトウェアは、製品ごとにファイル形式が異なるため、他社のCADで作ったデータを別のCADソフトウェアに取り込むことが難しいなどの課題があった。同ソリューションでは、SOLIDWORKSとVectorworksが同じコアエンジンを採用している特性を活かし、共通のファイル形式である「Parasolid X_T」を使って双方のデータをスムーズに取り込める。

具体的には、SOLIDWORKSで備品のCADデータを作成し、Vectorworksで作成したレイアウト図面やパース図に備品のCADデータを取り込むことで、想定した空間やシーンに合わせた商品のレイアウト図面を簡単に作成できる。

キヤノンITSでは、医療機器、介護用品などを扱う三和製作所に同ソリューションを先行導入した。三和製作所では、事前に商品の配置や寸法を図面で確認したいという顧客からの要望が増えていたが、建築系CADの導入は機械系CADとのデータ互換が難しいことが課題だったという。同ソリューションの導入で、商品をレイアウト図面やパースで表現することが簡単にできるようになり、営業提案の幅が広がったとしている。

ソリューションの構成は、CADパッケージソフトウエア(SOLIDWORKS、Vectorworks)と導入支援サービス、初期教育、保守等で、価格は150万円~(税別)。

同社では、今後建築設計業や機械製造業への販売展開を強化し、2017年には、CADや3D関連製品を含めた3Dソリューション事業において、キヤノンMJグループ全体で売上150億円を目指すとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る