NEDO、コージェネレーションシステム実証をウズベキスタンで開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本実証で用いるガスタービンのイメージ(川崎重工業製)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2017年4月20日、ウズベキスタンでガスタービンコージェネレーションシステムの実証事業を開始したと発表した。委託先は丸紅ユティリティ・サービスと川崎重工業。2020年度末までに、従来比38%の省エネルギー化と、電力・熱を安定供給できるシステムの構築を目指す。

ウズベキスタンでは、経済発展が進み電力供給の安定化が必要とされていた。特にフェルガナ地域では人口が集中して大きな電力需要があるにもかかわらず、遠方の大型発電所からの送電に依存しているため、供給電源の分散化が求められていた。

170424_nedo2

こうした状況を受け、NEDOは2015年10月、ウズベキスタン政府との間で協力合意書を締結。2016年10月には本事業の基本協定書を締結した。

2017年1月からは、丸紅ユティリティ・サービス、川崎重工業と共に、ガスタービン装置の設計に着手した。2017年4月19日には、協力機関の電力公社ウズベクエネルゴによる建設工事の開始に伴い、首都タシケント市内で事業開始式を開催した。順次、設備の導入や実証を進めていく計画だ。

コージェネレーションシステムは、フェルガナ市内の小規模発電所など2カ所へ実装する予定。施設のエネルギー効率の改善、送電距離の短縮による送電ロスの改善が期待できるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る