【展示会レポート】ISOクラス2対応のプロトスキャリア対応自動移載システム/ジェーイーエル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Main

1月13~15日に東京ビッグサイトで開催された「インターネプコンジャパン 2016」内の「ライトテックEXPO」で、ジェーイーエルは「プロトスキャリア対応自動移載システム」を中心に、反り、薄物ウエハ対応ベルヌーイチャック、ベルヌーイピンセットや、独立昇降軸付水平多関節ロボット(DGCR)を展示した。

デモンストレーションしてもらったプロトスキャリア対応自動移載システムは、プロトスキャリアとカセット間で薄物ウエハを安全・確実に搬送するためのシステムだ。

近年微細化が進んでいるLEDのチップなどを運ぶ際、人間が作業すると髪の毛などのゴミが付着してしまう。そこで同システム内には、ファインフィルタユニット(HEPA仕様)を2基配置し、クリーン度を確保。ISOクラス2に対応した。

LEDのチップやウエハなど、クリーンな環境を必要とする製品をクリーンなまま運ぶことができる。

被搬送物はシリコンウエハとプロトススペーサ(層間紙)で、それらを自動識別できる。カラーセンサを搭載しているため、色の異なるプロトススペーサ(層間紙)も検出可能だ。

各種ウエハ、プロトススペーサ(層間紙)の登録にも対応。別途展示されているベルヌーイチャックを搭載していることで、薄物ウエハも自動移載できる。

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る