パナソニック、業界最高の耐静電気放電性能を持つ「小形・高精度薄膜チップ抵抗器」を製品化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは2018年3月22日、同社の社内カンパニーであるオートモーティブ&インダストリアルシステムズが、業界最高の耐静電気放電(ESD)性能を実現した「小形・高精度薄膜チップ抵抗器」を製品化、2018年6月から量産を開始すると発表した。車載ECUや産業ロボットなどの電源ユニット、制御回路などの高精度化とESD対策に貢献するという。

車の電装化に伴い、ESDが機器の誤作動や故障の原因となるため、ECUのESD対策のニーズが高まりをみせている。また、環境対応車の燃費改善や自動運転化を背景に、ECUの小型化・高精度化が進んでおり、小形・高精度で耐ESD性能に優れた抵抗器が要求されてきた。しかし、従来の小形・薄膜チップ抵抗器は抵抗膜の構造上、ESDなどの瞬間的な過電圧によって局所的に高負荷が発生し、壊れやすいという課題があった。

今回、同社は独自の薄膜形成技術により、過電圧による局所的な電圧負荷を低減し、小形・高精度で業界最高の耐ESD性能を実現した薄膜チップ抵抗器を開発した。寸法は1005サイズの「ERA2Vシリーズ」が0.5×1.0×0.35mm、1608サイズの「ERA3Vシリーズ」が0.8×1.6×0.45mm、2012サイズの「ERA6Vシリーズ」が1.25×2.0×0.6mm。同社の従来品である1005サイズの薄膜チップ抵抗器 「ERA2Aシリーズ」と比較してESD耐性は2.5倍以上で、抵抗温度係数(T.C.R.)は±5×10-6/℃、抵抗値許容差は±0.05%となっている。

また、電極の内部に緩衝層を設けた独自の電極構造の採用により、温度差の大きな環境下ではんだフィレットに生じる亀裂の進行を抑え、車載用途に対応した熱衝撃耐性を実現した。温度変動が激しい環境でも長期間の使用に対応する。さらに、硫化耐性に優れる電極材料の選定と同社独自工法の採用により、高い耐硫化性を実現。制御回路の高信頼性化にも貢献するという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る