外部放熱なしで9000Wまでの高電力を提供する直接水冷式巻線抵抗器の新シリーズを発表 ビシェイ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DCRFシリーズ

米ビシェイは2018年6月19日、外部放熱無しで9000Wまでの高電力を提供する直接水冷式巻線抵抗器の新シリーズ「ビシェイMCB DCRFシリーズ」を発表した。同シリーズは、38×178mmから38×410mmの6種の小型サイズで提供される。

ビシェイMCB DCRFシリーズは、同じサイズの自然冷却式の部品と比べて10倍の電力、間接冷却式の部品と比べて2倍の電力を提供できる。このため、複数の部品をこの抵抗器1つに置き換えることで、最終製品のコストやサイズ削減、レイアウトの簡素化が可能となる。また、モジュラー設計によりマルチ抵抗素子オプションにも対応できる。

同シリーズの抵抗素子は水と直接接触し、セラミック製チューブにより絶縁されているためヒートシンクは不要。用途としてはHVDCやスナバ、放電抵抗器などが想定されている。外部放熱がほとんど無い状態でも表面温度を制限することで信頼性を向上、安全故障モードにより、水流シャットダウンが発生した際のリークを防ぐ。60秒で2倍の公称電力の過負荷を、ダメージ無しで処理できる。

同シリーズは、38×178mmサイズの抵抗値が4.7Ωで500nH以下と低インダクタンス。抵抗値範囲は0.56Ω~27Ωで公差は±5%。給水温度が65℃、水流速度が8.33L/1分の時、1500~9000Wの定格電力を提供する。標準温度係数が100ppm/℃、動作温度範囲が-55~+120℃、RoHS準拠の鉛フリー品となっている。

抵抗値1.6Ωと3.2Ω、38×178mmサイズのサンプルおよび製品は既に販売が開始されており、量産時の標準納期は15週間だという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る