紫外線による劣化を抑え、自己修復性を持つポリカーボネートシート「CARBOGLASS LF」を開発 AGC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱曲げした「CARBOGLASS LF」

AGCは2018年11月13日、高い耐候性と自己修復性を持つポリカーボネートシート「CARBOGLASS LF」を開発したと発表した。遮音壁やフェンスなどの屋外設置物件向けに販売し、2019年より量産を開始する予定だ。

ポリカーボネート(ポリカ)は、透明で衝撃に強いことから防護フェンスや道路の遮音壁などに使われている。一方で、紫外線を浴びると劣化(耐衝撃性の低下、変色)するという短所がある。そのため、表面に紫外線吸収剤を添加させて保護層とした耐候性に優れた製品も販売されている。しかし、これらの製品は、紫外線を長時間浴びると保護層が低分子量化し、紫外線がポリカに到達して劣化してしまう。

AGCは今回、同社の高耐候性フッ素樹脂ルミフロンをコート樹脂に用いたCARBOGLASS LFを開発した。CARBOGLASS LFは、透明度の維持性能と耐衝撃性に優れ、紫外線を3時間照射した際の耐衝撃性は、従来品が30%低下するのに対し、CARBOGLASS LFは10%程度しか低下しない。また、微小な傷を自己修復する機能を持ち、室温で放置すると傷が徐々になだらかになる。さらには、熱曲げしても表面にクラックが生じないため、より自由な形状デザインが可能だ。

(左)紫外線照射による耐衝撃性の変化(右)傷の修復度比較

AGCは、12月5日~7日に幕張メッセで開催される「第9回高機能フィルム展」に、CARBOGLASS LFを出展する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る