世界最細繊度0.8dtexの2成分バイメタル繊維からなる新たな高機能素材――東レ、複合紡糸技術「NANODESIGN」を用いたPrimeflexを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東レは2018年11月15日、複合紡糸技術「NANODESIGN」を用い、世界最細繊度である0.8dtexの2成分バイメタル繊維からなる新しい「Primeflex(プライムフレックス)」を開発したと発表した。

Primeflexは、バネのような3次元的なスパイラル構造を持つ「バイメタル繊維」によるしなやかなストレッチ性を持つ高機能素材で、スポーツやカジュアル向けを中心に展開してきた。しかし、従来の紡糸技術では単糸繊度1dtex以上のものしか生産できなかったため、メンズアイテム中心の展開となっていた。そのため同社は、オフィスカジュアルやレディースファッションなど展開領域の拡大を目指し、新しいPrimeflexの開発に取り組んだ。

今回開発したPrimeflexは、ポリマーの最適化に加え、同社が開発した複合繊維の断面形状を任意かつ高精度に制御する複合紡糸技術NANODESIGNによって、左右に貼り合わされたポリマーの重心を精密に制御し、重心間の距離を最大化。これにより、ストレッチ性に必要となる3次元的なスパイラル構造を良好に発現させることに成功し、2成分バイメタル繊維としては0.8dtexという世界一細い単糸繊度でありながら、既存品と同等の体の動きに追従する高いストレッチ性を有する。

また、芯成分の外側に極薄で均一の低粘度成分の膜を形成することで、繊維径を細くする際の根本的な課題だった吐出安定性の低下を解消し、量産化に必要となる多フィラメントでの安定的な製造を可能にした。さらに織編物空隙内での捲縮を細かく均一に発現させることで、きめ細やかな表面感とスムーズな肌触りを実現した。

同社は新たなPrimeflexの投入により、今後はレディース向けやライフスタイル向けにグローバル市場も含めて幅広い商品を展開する予定としている。発売時期は2019年秋冬シーズンからで、販売計画は初年度の2019年度が500千m(1万反)、3年後の2021年度が2500千m(5万反)としている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る