水分を吸収し曇りを防ぐガラス――AGCの「eXeview」が、ダイハツ「コペン クーペ」のフロントガラスに採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGC独自の樹脂膜コートが水滴を吸収することで、結露を防ぎ、前が見える。

AGCは2018年12月19日、ドライバー視界部をクリアに保つ曇りにくいガラス「eXeview(エグゼビュー)」が、ダイハツ工業の限定販売車「コペン クーペ」のフロントガラスに採用されたと発表した。

高い耐久性能を確保したAGC独自の樹脂膜コート材が車内の水分を吸収し、フロントガラスの曇りを防止する。その結果、デフロスターの操作回数が減り、ユーザーの利便性と実燃費が向上。ドライバーの視界確保により、走行安全性を向上させるという。



eXeviewは、2019年1月11日~13日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に展示される予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る