シグナルクオリティアナライザ-Rシリーズ「MP1900A」のPAM4 BERテスト機能を強化 アンリツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンリツは2019年2月25日、シグナルクオリティアナライザ-Rシリーズ「MP1900A」のPAM4 BERテスト機能を強化するオプションとソフトウェアを同日発売すると発表した。

5Gやクラウド通信サービスの普及によってデータ通信トラフィックがさらに増加することが予想されている。そのため、対応するデータセンターでは高速化に加えてPAM4やマルチレーンを使った伝送容量の拡張が検討されている。

今後データセンターで開始される400GbEは、QSFP-DD/OSFPなどのマルチチャネルに対応する新たなトランシーバーやデバイスの採用、PAM4信号による物理層の伝送でFECによるエラー訂正が必要になる。これにより、BERTによる評価時にはマルチチャネルによるクロストーク、エラー訂正の影響を検証する必要性が高まっているという。

今回発売するPAM4 PPGモジュールオプションは、4chまで拡張可能なマルチチャネル機能や、100GbE/200GbE/400GbEで定義されているFECパターン発生とエラー挿入機能、さらにさまざまなPCボードの伝送路損失をPPG出力で模擬可能なISI発生装置を追加した。これらによって、マルチチャネル測定や、FECによるエラー訂正検証が要求される400Gbeトランシーバーの開発、検証期間の短縮が可能になるという。

この製品は、発売済のPAM4 PPG MU196020Aに追加可能なオプションとソフトウェアとして提供されるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る