EMP2にアクティブサスペンションを組み合わせた「NEW 508」を公開――EMP2により70kg軽量化 プジョー・シトロエン・ジャポン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年3月20日、プラットフォームEMP2(Efficient Modular Platform2)にアクティブサスペンションを組み合わせたプジョーブランドの「NEW 508」の日本仕様を公開した。

NEW 508には、先代モデルより平均70kg軽量化したプラットフォーム、EMP2をベースに使用している。新しい溶接技術の導入と構造用接着剤の併用で、剛性と耐久性を確保した。軽量化のため、トランクフロアとテールゲート下部に複合素材を使用し、フロントフェンダー、フロントサスペンション、リアシート骨格にアルミニウム合金を採用した。また、動作の最適化のため、フロントストラットタワーにクレードル構造を採用。リアにマルチリンクサスペンションを採用し、サスペンションは個別に最適化した。電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8で燃費性能も向上。最小回転半径も先代モデルの5.9mから5.5mに改善している。

さらに、NEW 508は、全モデルにプジョー初となる電子制御アクティブサスペンションを装備。走行状況、路面に応じてダンパーの減衰力をリアルタイムに制御し、乗り心地とハンドリング、ロードホールディングを両立させた。また、4つのドライビングモード「スポーツ」、「コンフォート」、「エコ」、「ノーマル」が用意されており、モードに合わせて同アクティブサスペンションが連動。ドライバビリティや快適性、燃費を調節できる。

また、パワートレーンとして、最高出力130kW(177ps)、最大トルク400Nmを発揮し、燃料消費率18.3km/リットルの2.0リットルクリーンターボディーゼルBlue HDiを採用。ダウンサイジングモデルでは、最高出力133kW(180ps)、最大トルク250Nmで、燃料消費率14.7km/リットルの1.6リットルターボガソリンエンジンのPureTechを導入した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る