世界最高性能のレアアース系高温超電導線材の量産技術開発に成功――磁場中臨界電流密度が従来比1.5倍以上 フジクラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フジクラは2019年7月11日、低温磁場中の臨界電流密度が従来比1.5倍以上の400A/mm2を超える、世界最高性能のレアアース系高温超電導線材の量産技術開発に成功し、販売を開始したと発表した。

超電導技術は医療分野のMRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像診断)装置、半導体分野のシリコン結晶炉引き上げ装置などで使用されている。従来の超電導装置は冷却に液体ヘリウム(摂氏マイナス269度)を用いる金属系低温超電導線材が使われているが、液体ヘリウムは希少な天然資源であり、価格高騰や調達面で課題がある。そのため同社はレアアース系高温超電導線材の開発を進めており、液体ヘリウムを使用しない次世代の高温超電導機器を実現する重要な製品として早期の実用化が望まれていた。

同社は、2016~18年度に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「高温超電導実用化促進技術開発/高磁場マグネットシステム開発/高温超電導高磁場コイル用線材の実用化技術開発」事業を受け、MRI装置への適用を目指したレアアース系高温超電導線材の開発を行ってきた。高温超電導MRI装置は小型装置では既に画像取得に成功しており、今回、磁場中臨界電流密度400A/mm2に到達することで液体ヘリウムを用いないコンパクトな次世代MRI装置が実現可能なレベルに到達した。

ここ数年、レアアース系高温超電導線材を用いた次世代機器開発は活発であり、既に一部では実用機に向けた動作検証が行われている。また、線材供給量の増大に伴い、線材も数十〜100km程度を用いるなど検証機の大型化も進んでいる。同社が今回発表した新製品はこれらの実用化に向けた活動を推進するもので、既に国内外から問い合わせが増加し、線材提供を進めているという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る