電源不要、音響工学を用いたモバイルスピーカー「ANLG」の日本上陸プロジェクトを開始 Kibidango

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音響工学を用いたモバイルスピーカー「ANLG(アナログ)」がクラウドファンディングサイト「Kibidango」に登場した。日本上陸に向けたプロジェクトを2019年10月10日まで展開する。

ANLGはBluetoothやバッテリー、電源なしで利用可能なスマートフォンスピーカーだ。音響工学による音源の増強とデザイン性を両立しており、最適化を繰り返した結果、現在のモデルに至るまでに約2年を費やした。具体的には単純な空気の吹き付けを増強するホラ貝をイメージして設計されており、より自然に近い形で、芸術と科学の融合を目指している。屋外や水辺などアウトドア用途のほか、インテリアとしても存在感を発揮する。

カラーは「Cobalt Blue(コバルトブルー)」「Graphite Black(グラファイトブラック)」「Scarlet Red(スカーレットレッド)」「Ocean Green(オーシャングリーン)」の4種類。サイズは14.5×14×12.5cmだ。今回のプロジェクトは、目標金額10万円達成で同製品の日本上陸が決定する。早期にプロジェクトを支援すると早割価格の7980円(税込)でANLGを購入できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る