n型i-TOPCon太陽電池セルで変換効率23.22%の新記録を達成――低コストな量産プロセスで製造 トリナ・ソーラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SKL PVST(トリナ・ソーラーの太陽光発電科学技術国家重点研究室)

中国大手太陽光発電メーカーのトリナ・ソーラーは2019年11月27日、n型i-TOPCon太陽電池セルで変換効率23.22%の世界記録を達成したと発表した。

記録を達成したn型i-TOPCon(量産型 Tunnel Oxide Passivated Contact)太陽電池セルは、垂直設置可能な両面受光型で、リンをドープした大面積のキャストモノシリコン基板を使用。低コストで量産体制を構築できる先進のi-TOPCon(量産型トンネル酸化膜パッシベーションコンタクト)技術によって製造された。

この記録は、トリナ・ソーラーのSKL PVST(太陽光発電科学技術国家重点研究室)の主導の下、247.79cm2の太陽電池セルを使用して達成。ドイツの独立認定機関ISFH CalTeCによって確認された。

トリナ・ソーラーによると、この成果は、顧客に差別化された高性能太陽電池モジュールとソリューションを提供するための土台となるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る