おむつが濡れたらスマホに通知――P&G、センサー付き紙おむつを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん用紙おむつ「Pampers」で知られるP&Gは、おむつの交換タイミングや睡眠状態を教えてくれる新システム「Lumi by Pampers(Lumi)」を発表した。おむつ用センサーとカメラがアプリと連動して、いつでも赤ちゃんの様子を確認できる。

Lumiは、新生児から生後12カ月までの乳児を想定して、小児科医と共同開発。紙おむつにセットしたセンサーが、濡れを検知してスマホに通知する。おむつを交換するときは、古いおむつからセンサーをはがして、新しいおむつにセットするだけだ。センサーは赤ちゃんの睡眠状態も認識し、Bluetooth経由でデータを送信する。

おむつの濡れ具合だけでなく、授乳回数、睡眠時間といったデータもアプリに表示できるので、家族全員が赤ちゃんの生活リズムや発育状況を把握しやすいという。

さらに、アプリは専用カメラと組み合わせた、見守り機能も提供する。HD画質でナイトビジョン搭載のビデオモニターを使って、昼夜問わず、赤ちゃんの声や映像のストリーミング、室温、湿度の確認ができる。

価格はセンサー1個、紙おむつ約10日分、ビデオモニター1台をセットにして349ドル(約38000円)。センサーのバッテリーの寿命は約3カ月だ。月額59.95ドル(約6600円)からのサブスクリプションサービスを利用すると、バッテリー交換が無料となる。

関連リンク

Lumi by Pampers Connected Care System

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る