Apple、カーブガラスを使ったiMacの特許を出願

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleが1枚のカーブガラスにディスプレイやキーボードを埋め込んだMacの特許を出願、2020年1月23日付で公開されている。この特許は「Electronic Device with Glass Housing Member(ガラス製筐体を備えた電子デバイス)」という件名で、2019年5月1日付で米国特許商標庁に特許出願されたものだ。

特許明細書と図面によると、1枚のカーブガラスの上部にディスプレイ、下部にキーボードなど入力領域を配置した斬新なデザインの一体型PCだ。iMacを想定したであろう一体型PCの背面には、本体を保持するためのスタンドがついている。

また、背面からMacBookをドッキングして利用するアイデアも提示。一体型PCの下部の空いている部分からMacBookのキーボードで入力し、一体型PCのディスプレイに表示する。特許の請求項には、折り畳むことが可能なガラスのデザインも含めており、ガラス製MacBookの可能性は広く取られている。入力には、物理キーボードだけでなく仮想キーボードも可能だ。

Appleは、初代iMacやiPhoneなど、革新的なデザインでその名をあげてきた。もしこのガラス筐体製の新モデルを発売したら、かつてのAppleのように大きな衝撃を与えるかもしれない。

関連リンク

Electronic Device with Glass Housing Member

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る