排気量をアップした新設計エンジン搭載のオートマチックスポーツ新製品を発売 ヤマハ発動機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は2020年4月8日、オートマチックスポーツの新製品「TMAX560 TECH MAX ABS」と「TMAX560 ABS」を、2020年5月8日に発売すると発表した。新たに設計した排気量561cm3、水冷、4ストローク、DOHC、4バルブエンジンを搭載している。価格は、TMAX560 TECH MAX ABSが141万9000円、TMAX560 ABSが127万6000円。各税込み。

両製品は「Sophisticated MAX」をコンセプトに、オートマチックスポーツ「TMAX530シリーズ」の後継モデルとして開発。環境規制への対応とスポーティで低振動の走りを両立する他、外装変更によってデザイン性と快適性を向上している。なお、TMAX560 TECH MAX ABSは、TMAX560 ABSをベースにした上級モデルとなる。

TMAX530エンジンをベースにした新設計のエンジンは、エンジンサイズを維持しながら排気量を561cm3にアップ。吸排気系や動弁系を見直しており、体積効率を高めて中高速域からの加速特性を向上させている。また、減速特性は再設定。発進加速性を維持しつつ、定常走行時のエンジン回転数を抑え、振動やノイズを低減している。

環境性能は、これまでのシングルタイプからツインタイプへ触媒を変更し、排出ガスの浄化性能を向上。また、吸排気系と燃焼室の最適設計、新型YCC-Tによる混合気形成の改良、平成32年排出ガス規制やOBDII(故障診断装置)に適合する新ECUの採用などにより、新排出ガス規制をクリアする優れた環境性能を発揮する。

その他、セッティングの最適化によって快適性を高めた前後サスペンション、リアビューの一新、サイドカバーやリアサイドカバーの形状刷新による新デザインなどが特徴となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る