ローム、負荷容量で一切発振しない高速タイプのグランドセンスCMOSオペアンプを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロームは2020年5月21日、産業機器/民生機器用として、高速タイプのグランドセンスCMOSオペアンプ「BD77501G」を開発したと発表した。2020年10月より量産を開始する。負荷容量で一切発振しない業界初の高速オペアンプとして、EMARMOUオペアンプシリーズに加わる。現在はサンプルを出荷中で、価格500円/個(税抜)。

BD77501Gは、同社独自の電源IC技術「Nano Cap」の搭載により、異常検知システムなどで求められる高速増幅(高スルーレート10V/μs)に対応しながら、配線などの負荷容量で一切発振しない業界初のオペアンプとなる。負荷容量で発振し、不安定になることがあるこれまでの高速オペアンプとは異なり、発振せずに安定して動作する。

また、一般品は全ノイズ周波数帯域での出力電圧が±200mV以上変動するが、圧倒的なEMI耐量(ノイズ耐量)で、一般品の10分の1となる±20mV以下を実現している。圧倒的なノイズ耐量によって電源、入力、出力の各CRフィルタといった一般品には欠かせない外付けのノイズ対策部品を削減できるという。

センサーなどの後段に設置した際、負荷容量と外部ノイズの影響を受けずに高速で信号増幅でき、アプリケーションの設計工数を削減し、高信頼化に貢献する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る