自分で皮膚にデバイスを描いて健康チェック――鉛筆と紙で生体電子デバイス作製が可能との研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒鉛と粘土から作られた鉛筆は、発明されて以来、筆記や描画に広く使われてきたが、鉛筆で皮膚に生体電子デバイスをタトゥーのように描くだけで健康状態をモニターできるようになる日が来るかもしれない。米ミズーリ大学は、紙と鉛筆で健康状態をモニターするデバイスを作れることを発見し、『米国アカデミー紀要(PNAS)』で発表した。

ミズーリ大学の研究者たちは、90%を超える黒鉛を含む鉛筆が、文字を書いたり絵を描いたりする際に紙との摩擦から生じる大量のエネルギーを伝導できることを発見した。特に、93%の黒鉛を含む鉛筆は、市販のコピー用紙に描くことで皮膚に密着するさまざまな生体電子デバイスを作製するのに最適であることを見いだした。

ミズーリ大学のZheng Yan助教授によれば、生体適合生のあるスプレー式接着剤を紙に塗布すると人間の肌により密着させることができるという。研究者たちは、この発見は、例えば、睡眠に問題を抱えている人の睡眠レベルモニターのような在宅ベースヘルスケアなどに使える可能性があるとしている。

研究グループの次のステップは、電気生理学センサー、温度センサー、生化学センサーなどの生物医学コンポーネントを開発し試験することだという。また、Yan助教授は、このアプローチのもう1つの利点として、市販のデバイスの多くは容易には分解しないコンポーネントを含むのに比べ、紙はおよそ1週間で分解できることを挙げている。

関連リンク

The new tattoo: Drawing electronics on skin

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る