長寿命/高安全性のリチウムイオン二次電池「FORTELION」搭載高出力バッテリーモジュールを発売 村田製作所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田製作所は2020年8月6日、長寿命で安全性の高いリチウムイオン二次電池「FORTELION(フォルテリオン)」を搭載した高出力バッテリーモジュール「MH1701」を開発したと発表した。MH1701は、オリビン型リン酸鉄リチウムを採用した同社独自のリチウムイオン二次電池であるFORTELIONを正極材に使用した製品だ。UPS(無停電電源装置)や、瞬時電圧低下補償装置など高出力が求められる産業機器に適している。

一般的に鉛蓄電池が使われているUPSや瞬時電圧低下補償装置は、停電発生時でも電気を安定的に供給するために利用が拡大しているが、鉛蓄電池は電池の寿命が短いなどの課題があった。そこで村田製作所は、FORTELIONの高い安全性や長寿命といった特長に加え、高い入出力特性を活かし、高出力バッテリーモジュールを開発した。

MH1701は、オリビン型リン酸鉄リチウムを正極材に採用したことで結晶構造が安定しており、大きな衝撃や圧力が加わった場合などでも発火しにくく、電池の性能を高負荷がかかった場合も安定的に発揮する。

FORTELIONは、日本の非常用電源装置の安全基準「消防認定」を取得しているだけでなく、米国の蓄電池の火災リスクに対する国際安全基準「UL9540A」に基づく試験レポートを取得。安全性が国際的に認められている。

MH1701はFORTELIONの搭載により、サイクル特性が一般的な鉛電池やリチウムイオン二次電池より長く、充放電サイクル1万5000回を達成している。500サイクルが一般的な鉛蓄電池や2000~3000サイクルが一般的な他のリチウムイオン二次電池に比べ、劣化しにくく、長期間利用でき、ライフサイクルコストの低減に貢献する。

連続放電については、蓄電池モジュールの構造と回路設計を最適化し、SOC100%から0%まで200Aの連続放電を達成した。従来品に比べてより大きな電力を出力できるため、短時間のバックアップ用途や瞬時電圧低下対策向けのシステムにおいて、より最適なソリューションを提供できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る