ホンダ、自動パワーオン機能などの先進テクノロジーを搭載した新型EV「Honda e」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業(ホンダ)は2020年8月27日、新型電気自動車(EV)「Honda e(ホンダ イー)」を同年10月30日に発売すると発表した。新しい時代になじむシンプルでモダンなデザイン、力強くクリーンな走りや取り回しの良さ、多彩な先進機能を搭載している。価格はHonda eが451万円(税込)、Honda e Advanceが495万円(税込)となる。

Honda eは、水平に5つのスクリーンを配置するワイドビジョンインストルメントパネルを採用し、12.3インチのスクリーンを2画面並べた「ワイドスクリーン Honda CONNECT ディスプレー」を中央に配置。表示機能は運転席や助手席でそれぞれ選択でき、左右のアプリを入れ替えるなど自在に操作できる。スマートフォンと接続すれば、音楽アプリやエンターテイメントアプリを表示できる。

また、クラウドAI(人工知能)による音声認識と情報を提供する「Hondaパーソナルアシスタント」を搭載しており、リアルタイムの最新情報を音声認識でオンデマンドで提供する。キャラクターが語りかけに対して7つの表情で反応する仕組みだ。さらに、Honda車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT」も搭載する。

専用アプリをダウンロードすると、デジタルキーとしてスマートフォンを使用でき、パワーオンまでできる。Honda スマートキーを持って近づくと、フラッシュアウターハンドルが自動でポップアップし、ドアロックがドアハンドルに触れるだけで解除される。クルマへ乗り込みドアを閉めると、乗車したことを検知して、パワーが自動でオンとなる。降りてドアを閉めると、自動的にパワーオフとなる。

サイド/センターカメラミラーシステムを搭載し、昼夜天候を問わず安心な視界を確保できる。サイドカメラミラーシステムは世界初の量産車標準装備となっており、170万画素の高精細カメラを採用している。インストルメントパネル左右に配置した6インチモニターにカメラ映像が映し出され、これまでのドアミラーと比べても違和感が少なく運転できる映像を表示する。雨天時でも雨が付着したサイドウインドウを通さず、モニターで鮮明な映像を確認できるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る