負荷容量で一切発振しない2ch高速グランドセンスCMOSオペアンプの量産を開始 ローム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロームは2020年9月24日、負荷容量で一切発振しない2ch高速グランドセンスCMOSオペアンプ「BD77502FVM」を開発し、2020年10月から量産を開始すると発表した。高速オペアンプの2回路内蔵(2ch)製品で、外部ノイズと負荷容量の影響を受けずに高速で信号増幅する。サンプル価格は500円/個(税抜)となる。

BD77502FVMは、圧倒的なノイズ耐量により、全ノイズ周波数帯域での出力電圧変動を±20mV以下(一般品比10分の1)に抑え、一切発振せずに安定動作する。ISO 11452-2による国際的ノイズ評価試験で、全ノイズ周波数帯域での出力電圧変動が±300mV以下のノイズ耐量を持つEMARMOURシリーズの1chグランドセンスCMOSオペアンプ「BD77501G」の展開製品で、2ch製品として、よりコンパクトなアプリケーション基板設計に対応するという。

ローム独自の電源技術「Nano Cap」を搭載しているのが、BD77502FVMの特徴だ。超安定制御を実現し、異常検知システムなどで求められる高速増幅(高スルーレート10V/μs)に対応しながら、配線などの負荷容量で不安定になる一般的な高速オペアンプとは異なり、配線などの負荷容量で一切発振しない。この安定した動作によって、アプリケーションの設計工数削減に貢献する。

また、BD77502FVMはEMARMOURのオペアンプシリーズとしての性能を持っており、一般品は全ノイズ周波数帯域での出力電圧が±200mV以上変動するが、±20mV以下というノイズ耐量を発揮する。各周波数のノイズに対する対策(フィルタ回路の構築)が不要になるため、システムで重要な役割を果たすセンサーなどのノイズ設計負荷を軽減し、アプリケーションの設計工数削減や高信頼化に貢献する。

さらに、EMARMOURの特徴である圧倒的なノイズ耐量により、電源、入力、出力の各CRフィルターといった一般品には欠かせない外付けのノイズ対策部品を削減できる。2chのオペアンプで一般品と比較すると、ノイズ対策部品を計16点削減できるという。

ロームは、高速のセンシングを必要とする産業機器、民生機器に向けて本製品を開発し、2020年8月よりサンプル出荷を開始している。量産は2020年10月より開始し、当面月産100万個体制で生産するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る