2035年に就役予定の次世代戦闘機「Tempest」、最先端技術の一部を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英防衛産業大手BAE Systemsを筆頭に、Rolls-Royce、Leonardo、MBDAの4社が参加する開発チーム「Team Tempest」は2020年10月15日、次世代戦闘機「Tempest」の最新コンセプトの一部を公表した。

Tempestは、イギリス空軍(RAF)およびイタリア空軍(AMI)が採用を予定する次期戦闘機。2018年7月16日にファーンボロー国際航空ショーでその開発計画が明らかにされたもので、2035年に現在の「Eurofighter Typhoon」に代わる戦闘機として就役する予定だ。

今回公表されたのは、レーダーシステムとコックピットのコンセプトだ。Tempestの新レーダーシステムは、現在のシステムの1万倍以上のデーターを提供でき、新しいセンサー「多機能無線周波数システム」は、これまでにない大量のデータを収集、処理できる。開発を担当するLeonardoはすでにコンセプトの社内の技術検証試験を終え、今後数年かけて空中での実証試験を行う予定だ。

Tempestのウェアラブルコックピットは、航空機のコックピットをヘルメットのバイザー内側のAR/VRディスプレイに直接投影するもので、あらゆる作戦に合わせて即座に構成することができる。BAE Systemsは、ウェアラブルコックピットコンセプトの飛行試験を開始している。また、人間と自律システムをチーム化する「仮想副操縦士」も開発中だ。

その他に、MBDAはウェアラブルコックピットを活用する兵器のコンセプトを早期に導入できるように準備を進め、Rolls-Royceは、従来より高温で動作する軽量なエンジンを目指し、高度な複合材料と付加製造技術を検討している。

関連リンク

Latest UK technology revealed for a ground-breaking combat aircraft due in service by 2035

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る