軸受からの発塵や回転トルクを低減したサーボモータ用軸受を開発――産業用ロボットの生産性向上に寄与 NTN

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2020年11月10日、軸受からの発塵や回転トルクを低減した「サーボモータ用低発塵軸受」を開発したと発表した。産業用ロボットの生産性向上に寄与することが期待される。

産業用ロボットの関節部の駆動用途に多く用いられるサーボモータは、関節部の軸速度や加減速度の向上を目的とした小型化、高出力化が求められている。サーボモータを小型化するには、制御機器を軸受の近くに設けることが必要となるが、軸受の油分が飛沫となって発塵して制御機器に付着することが、検出精度や制動性が低下する原因となっている。サーボモータ本体に密封装置(シール)を用いることで付着を防ぐことができるが、サーボモータが大きくなってしまう点が課題となっていた。

同社は、発塵を抑えるための成分や配合を用いた低発塵グリースを新たに開発し、サーボモータで多く用いられている密封形深溝玉軸受に封入した。また、形状を改良したことで、内輪との摺動部の接触力を均一化して密封性を高めたほか、低トルク化した新設計の接触形シールを採用した。

適用箇所

構造

これらにより、同社従来品と比較して軸受由来の発塵量を約90%、回転トルクを約50%低減した。密封装置が不要となり、サーボモータを小型化できるほか、軸受の回転トルクを低減できるため高出力化も可能となる。

同社は今後、モータメーカーやロボットメーカーなどのFA分野の顧客に同開発品の提案を進める。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る