民生用ドローンの新製品「DJI Mini 2」を発売――重量200g未満で4K撮影に対応 DJI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DJIは2020年11月5日、民生用ドローンの新製品「DJI Mini 2」日本モデルを発表した。軽量で多機能なほか、飛行が容易なエントリーモデルとなっている。

同製品は重量が200g未満と軽く、前世代品「Mavic Mini」と同じく折りたたみ設計が採用された。測位機能やビジョンセンサーを搭載しており、一箇所で正確にホバリングできるほか、GPSがドローンの位置を認識し、機体下部のビジョンセンサーが機体下の地面をマッピングすることで自動着陸がアシストされる。

また、同社の伝送技術「OcuSync 2.0」が採用されており、最大伝送距離は前世代品比で3倍の6kmとなった。モーターもアップグレードされており、18分の飛行が可能なほか、加速速度と飛行速度が向上しており、最大風速抵抗は10.5m/秒(スケール5)となっている。

1/2.3インチのイメージセンサーを搭載しており、12Mピクセルの写真や100Mビット/秒で最大解像度4K・30フレーム/秒の動画を撮影可能。画像形式はJPEGに加えてRAW形式に対応した。ズームは最大4倍(2倍時はロスレスズーム)までとなっている。

その他空港などの飛行規制エリアにドローンが入らないようにするジオフェンス機能、ホームポイントまで自動で帰還するRTH(Return-to-Home)機能、ドローンの最大飛行高度や距離を調整する飛行保護機能などを搭載した。

2020年11月5日に予約が開始されており、同月12日に販売が開始された。価格は、同製品にコントローラーおよび1個のバッテリーが付属した標準パッケージが5万9400円(税込)となっており、標準パッケージに加えて充電ハブ、3個のバッテリー、専用キャリーケースなどが同梱されたコンボセットが7万9200円(税込)となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る