ドローンプロジェクト「Airpeak」の機体をCES2021にて初公開――フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」を搭載可能 ソニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーは2021年1月12日、同社が推進するドローンプロジェクト「Airpeak」の機体をCES2021にて初公開したと発表した。

Airpeakは、同社が2020年11月に発表したAIロボティクス領域におけるドローンの新たなプロジェクト。エンターテイメントや産業分野に加えて、これまでドローンの活用が困難だった分野での需要を見込む。

今回発表された試作機は、プロフェッショナル映像制作向けに2021年春の事業開始が予定されている。高画質空撮映像の撮影が可能で、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α(Alpha)」を搭載できる機体としては世界最小クラスになるという(同社発表による)。

同社は今後もプロジェクトに関連した情報を継続的に発信するほか、2020年12月には商品化に向けてプロフェッショナルサポーターの募集を開始した。Airpeakの体験ユーザーを募るもので、同社は体験後のユーザーからフィードバックを得られる形となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る