PTCジャパンのフルクラウド3D CAD「Onshape」の販売を開始――設計現場のリモートワークを実現 SB C&S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SB C&Sは2021年1月21日、PTCジャパンのフルクラウド3D CAD「Onshape」を同日から販売すると発表した。

同3D CADは、ソフトウェアなどのインストール不要のフルクラウドサービス形式の3D CADだ。ブラウザのみで利用でき、WindowsやmacOS、Linux、およびChrome OSのPCをはじめ、スマートフォンおよびタブレット(iOS、Android)から利用できる。クラウドサービスのためバージョンアップなどのメンテナンス作業は不要だ。

パーツやアセンブリ、図面、サーフェス、板金、ライブラリなど、機械設計に必要なCADのコア機能を搭載。情報を一元管理するデータ管理(PDM)や、スタッフ間のコラボレーションをサポートする同時編集、画面共有、チャット機能なども備える。

すべてのデータがクラウドに集約されるため、どこからでも常に最新のデータにアクセスすることができるため、設計現場のリモートワークでの課題が解決できるソリューションである。

価格は、シングルユーザー向けのStandardプランが1ユーザー年間16万1500円、中小規模組織向けのProfessionalプランが1ユーザー年間22万6100円(いずれも税別)だ。中規模以上組織向けのEnterpriseプランは個別問い合わせとなる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る