カーボンニュートラルに向けた水素活用の促進を目指し、燃料電池システムをパッケージ化したモジュールを開発 トヨタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタがは2021年2月26日、燃料電池(FC)システムをパッケージ化したFCモジュールを開発したと発表した。2021年春以降、販売を開始する予定だという。

これまでトヨタは、FCV「MIRAI」やFCバス「SORA」の販売をはじめ、FC製品事業者へのFCシステムの販売のほか、FC関連の特許実施権無償提供など水素社会実現に向けた取り組みを進めてきた中で、多くのFC製品事業者が自社製品に適合させやすいFCシステムを求めているニーズを察知してきた。

そこで同社は、こうしたニーズに応えるべく、高性能化された2代目MIRAIのFCスタックやエア供給、水素供給、冷却、電力制御など各々のFCシステム関連部品を一つのコンパクトなパッケージにした。定格出力は60kWと80kWの2種、各々に縦型(TypeⅠ)と横型(TypeⅡ)の2種の計4タイプをそろえた。

FCモジュールは電圧範囲が広く(400~750V)、FC専用の昇圧コンバーターを内蔵。用途に応じて4タイプのモジュールを組み合わせており、さまざまな出力、搭載スペースに応じて柔軟に適合できる。また、モジュール化により、適合させる機器との接続箇所を少数に集約できるため、容易に搭載が可能となる。さらに、FCVやハイブリッド車などの電動車開発で培ってきた水素の使用や高電圧に対する安全対策を実施している。燃費や使用期間、ランニングコストなどに応じた最適配置/設計をサポートする体制も整えている。

トヨタは、モジュール化によって、トラック、バス、鉄道、船舶などのモビリティや定置式発電機などさまざまな用途のFC製品の開発/製造事業においての活用が期待できるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る