車載カメラ設計の複雑さを軽減する画像信号プロセッサ――ISP 2つ分の制御を1つで対応 オムニビジョン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オムニビジョン・テクノロジーズは2021年5月13日、車載カメラ設計の複雑さを軽減するコンパニオンイメージシグナルプロセッサ(ISP)「OAX4000」を発表した。次世代車載カメラのさまざまな用途に合わせ、柔軟に設計できる。

これまで電子制御モジュールには2つのISPが必要だったが、OAX4000では1つのISPで対応できる。設計の複雑さとスペースが削減され、全体的な信頼性が向上した。

OAX4000は、3MPカメラを最大4台、もしくは8MPカメラ1台を処理できる高い性能を持つASIC。ASIL-Bの高度な安全基準に準拠しており、サラウンドビューシステム、電子ミラー、自動運転カメラを含む複数の車載カメラシステム設計に適している。

また、Bayer、RCCB、RGB-IR、RYYCyといった複数のカラーフィルターアレイ(CFA)パターンを処理できるだけでなく、マシンビジョンとビューイングカメラの両方を個別に出力する能力も備えている。次世代トーンマッピングアルゴリズムも搭載し、アップグレードされた画像信号処理パイプラインで最高水準の画質を提供する。

そしてOmniVision HDRセンサーのコンパニオンISPのため、完全に処理されたYUV出力を備え、完全なマルチカメラ表示アプリケーションに活用できる。その他の特徴としては、140dB HDRをサポートしつつ、最大4つのカメラモジュールを処理可能。LEDフリッカー軽減(LFM)と8MP高解像度もサポートする。前世代に比べ30%以上の省電力にもなっている。

現在はサンプル提供に対応しており、量産も可能な状況だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る