ロードスポーツモデル「GB350」「GB350 S」を発売へ――新設計フレーム、ロングストロークエンジンを採用 本田技研工業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業は2021年3月30日、ロードスポーツモデルの新型モーターサイクル「GB350」「GB350 S」を発表した。GB350は、発売日が2021年4月22日でメーカー希望小売価格が55万円、GB350 Sは、発売日が2021年7月15日でメーカー希望小売価格が59万4000円となっている(いずれも税込)。

両モデルともに、CAE解析と同社独自のシミュレーションにより、各部の各入力に対する変形過渡特性を総合的に制御した新設計のフレームを採用した。

より大型のモデルと同等の大径インナーパイプをフロントフォークに採用し、剛性を高めて路面からの外力によるしなりを抑制した。リアサスペンションにおいては、窒素ガスをダンパー内部に加圧封入しており、応答性の高いダンピング性能を備えている。また、大径のディスクブレーキを前後ブレーキに採用し、前後独立制御のABSを標準装備した。

GB350は、アルミGDC(重力金型鋳造)によるフロント19インチ、リア18インチのホイールを採用しており、フレームのしなやかな特性に対してホイール細部の剛性バランスを最適化した。また、GB350Sはリアホイールを17インチに小径化しており、よりワイドなラジアルタイヤを採用したことで、グリップ特性と安定感を両立している。

パワーユニットは、直立シリンダーの空冷・単気筒348ccエンジンを搭載した。バランサー軸とメインシャフト軸上にバランサーを備えており、ロングストロークエンジンの鼓動がクリアに伝わる仕様となっている。また、ピストンとシリンダー内壁の摺動抵抗を低減するオフセットシリンダーや、コンロッドとシリンダー下端内壁の干渉を防止する非対称コンロッドを採用しており、フリクションや燃費の低減に寄与する。

吸気経路の管長を確保したほか、ストレート化により吸気抵抗を低減しており、低回転からの力強さと鼓動感あるクルージングを両立した。また、マフラー内部の排気管長を後端部まで確保することで低回転域でのトルクフルな走りを実現したほか、大径テールパイプによるマフラー容量とのバランスを最適化した。

その他、アシストスリッパークラッチを採用しており、クラッチレバー操作の荷重を軽減し、シフトダウン時に急激なエンジンブレーキがかかることによるショックを緩和した。

GB350のカラーリングは、マットジーンズブルーメタリックとキャンディークロモスフィアレッド、マットパールモリオンブラックの3色。GB350Sのカラーリングは、パールディープマッドグレーとガンメタルブラックメタリックの2色を用意した。

同社は、国内でのシリーズ合計の年間販売計画台数を4500台に設定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る