次世代の車載通信機の技術仕様を共同開発へ――快適なコネクティッドサービス提供に向け通信システムの共通化を推進 スズキら5社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキ、SUBARU、ダイハツ工業(以下ダイハツ)、トヨタ自動車(以下トヨタ)、マツダは2021年4月27日、次世代の車載通信機の技術仕様を共同開発し、通信システムの共通化を推進することで合意したと発表した。

トヨタが開発した車載通信機技術をベースとし、残り4社が保有する技術を加えて、自動車からネットワーク、車載通信機センターまでの接続仕様を共通化した次世代のコネクティッドカー向けシステムを構築する。

これまで自動車各社は、それぞれ異なるアプローチでリソースを投入して車載通信機の開発を進めていた。今回の共同開発により開発工数を抑え、システム運用や機能の追加を含めたバージョンアップなどを簡素化することで設備や人員などの最適化を図るとともに、高速で安定したコネクティッドサービスを顧客に提供する。

また、今後は今回発表した5社に限定せず、その他のパートナーとの連携も視野に入れて開発を進める。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る