0-96km 1.99秒のロケット加速――Tesla「Model S Plaid」発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Tesla Motors(Tesla)は2021年6月10日、同社の4ドアセダンの電気自動車(EV)「Model S」の最新機種となる「Model S Plaid」を発表した。日本での販売価格は1599万9000円で、2022年末の納車を予定している。

Model S Plaidの加速性能は、0-60mph(約96km/h)1.99秒、0-400m 約9秒と、自動車というより高性能オートバイクラスの数値が並ぶ。推定航続距離は637km、最高速度は322km/hに達する。最大出力は1020馬力で、3つのモーターを搭載し、各モーターにはカーボンスリーブローターを採用している。

インフォテインメントにも力を入れ、17インチディスプレイやBluetooth、ワイヤレス充電、22個のスピーカーを搭載。10TFLOPS(テラフロップス)の処理能力を活かして、車内でも最新機器と同じようにゲームを楽しめるという。

カリフォルニア州フリーモント工場で開催されたイベントでは、CEOのElon Musk氏自ら、隣接するテストコースからステージ上までModel S Plaidを運転して現れ、プレゼンの中で「持続可能なエネルギー車は、あらゆる点で最も速い車、最も安全な車、最も格好いい車になり得る」と、Plaidにかける想いを語っている。

また、Teslaのカスタマイズを専門とするUNPLUGGED Performanceは、Model S Plaidにさらに改良を加え、Laguna Secaサーキットで、「Porsche 991 GT3」「McLaren Senna」「McLaren P1」といった名だたるスーパーカーを次々と追い抜く様子を公開している。

関連リンク

Model S Plaid

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る