5G通信や自動運転、ITS向けの低誘電損失PBT樹脂を開発――高周波ミリ波帯での誘電損失が従来比で約40%減少 東レ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東レは2021年7月13日、5G通信や自動運転、ITS(高度道路交通システム)向けの低誘電損失PBT樹脂を開発したと発表した(冒頭の画像は活用例)。

自動運転向けの高周波部品などにPBT樹脂を用いる際、伝送ロスを抑えるべく誘電損失の改善が求められる。一般的にポリマーアロイや充填剤を添加する手法が採用されているものの、PBT樹脂自体の誘電損失が大きいため誘電損失の低減に限界があるほか、耐熱性や機械物性が損なわれる点が課題となっていた。

同社は、ポリマー重合技術による新規ポリマー構造を用いることで高周波領域でのポリマーの分子運動を抑制し、PBT樹脂本来の基本特性を活かしながら誘電正接0.006を実現した低誘電損失PBT樹脂を開発した。高周波ミリ波帯(79GHz)における誘電損失が、従来比で約40%減少している。

5G通信の周波数帯であるsub6から高周波ミリ波帯までの広範囲で低誘電損失化を保ち、高温や多湿環境下でも誘電特性が安定している。広角度からの入射波に対しても伝送ロスを低減しており、広域なセンシングが可能。広角度からの入射波の伝送ロスが大きいことは、高周波部品設計における課題となっていた。

また、同樹脂は低誘電損失であるため、電気抵抗を従来品と同等にまで抑制しつつ小型化できる。5G通信用材料やADAS(先進運転支援システム)、自動運転、ITS分野の部品設計の自由度を高め、製品の小型化や軽量化、性能向上に寄与する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る