工場構内の貨物を自動搬送できるシステムを開発――既存の構内搬送車両に後付け可能 IHIら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IHIおよびグループ会社のIHI物流産業システムは2021年8月3日、自動運転ユニットを既存の構内搬送車両に後付けすることにより、工場構内の貨物を自動搬送できるシステムを開発したと発表した。

工場における自動搬送の需要が高い一方で、搬送車両が特殊であることや車両入れ替えに大型投資を要することなどが、自動運転車両の導入への障壁となっている。

両社は今回、車両内部に設置した制御装置および操作装置により、アクセル/ブレーキ/ハンドルを操作して車両運転を自動化できるシステムを開発した。

車両に後付けできるため、大がかりな投資を行わずに既存の車両を使用できる。冒頭の画像は、トラック上方部にセンサーを取り付けた様子を撮影したものだ。

同システムでは、地上側管制室からの無線通信による制御装置への指示を受けて車両が運行を開始する。運行中は、センサーで得た車両の位置や速度などの情報をもとに、制御装置がアクチュエーター(物理制御機構)およびバイワイヤ(電子制御機構)を活用した操作装置に指示を出すことで運転操作を制御する。

自動運転ユニット
(左:アクチュエーター 右:バイワイヤ)

GNSS(衛星測位システム)を車両の位置や速度を把握するセンサーに用いた。建造物などにより電波が受信できない、もしくは不安定な環境の場合は、LiDARセンサーの計測データとあらかじめ取得した3次元地図データを照合し、地図上の位置や速度を推定することで屋内外での自動走行を可能とする。走行する環境に応じて搭載するセンサーを選定できる。

システムイメージ図


LiDARセンシング画像

両社は、機能性能確認や安全確保に関する技術、知見を蓄積すべく、パートナー企業と共同で同システムの試験を進めている。2022年度の実用化を目指しており、今後も取組みを進める。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る