200℃の高温環境下でも使える軽量薄型RFIDタグを開発 トッパン・フォームズ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トッパン・フォームズは2021年10月8日、200℃の高温環境で使用可能な薄型で軽量のUHF帯RFIDタグ「耐熱ラミネートタグ」を発売した。使用する際のタグ洗浄や定期交換といったメンテナンスが必要ない使い切り製品で、価格は繰り返し使用する従来品の30分の1となっている。

発売された耐熱ラミネートタグは、高耐熱素材のポリイミドフィルムを使用し、表面を繊維ベースの特殊素材でラミネートすることで、紙のように柔らかい質感を実現。対象物に直接貼り付けても傷が付きにくい。サイズは50×85mmで、厚さは0.6mmと薄く、重さ3gと軽量だ。200℃の高温環境下でも使用できる高耐熱性を持つ。

このほか、取り付け用の穴(径6mm)が2カ所あり、ねじで固定したり、ぶら下げたりするなど多様な取り付けが可能であることも特徴だ。また、サイズや取り付け用の穴の位置などは顧客の要望に応じて対応することもできる。

資産や部品管理の精度向上と省力化のため、製造現場ではRFIDタグを活用したIoTによる管理が普及しているが、一般的なRFIDタグは200℃の高温に耐えられない。このため、高温の製造工程がある現場では、特殊なエンジニアリングプラスチック素材やセラミックで作られた硬質RFIDタグが使用されている。しかし、こうした耐熱性のあるRFIDタグは繰り返し使用することが前提であるため、一般的には高価で、タグの表面に付着した塗装材の洗浄や定期交換などメンテナンスのコストや手間が課題となっている。

同社は、従来の硬質樹脂でできた耐熱RFIDタグに加えて、今回開発した使い切りの耐熱ラミネートタグを提供することで、製造現場のメンテナンス頻度や使用環境に最適なRFIDソリューション導入に貢献するとしている。

同社は今後、自動車や鉄鋼材の塗装工程のような高温環境の製造工程を有する製造業を中心に、耐熱ラミネートタグや周辺機器、読み取りアプリケーションの販売を促進。RFIDタグや読み取り機器などを含め、2026年までに売上5億円を目指す。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る