ISSに向けた船舶位置情報受信システム実証衛星「IHI-SAT」の打ち上げに成功 IHIとSpace BD

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IHIとSpace BDは2022年2月28日、船舶位置情報受信システム実証衛星「IHI-SAT」のISS(国際宇宙ステーション)に向けた打ち上げが成功したと発表した。

IHI-SATは、IHIが開発した3Uサイズ(約10×10×34cm)の小型衛星だ。宇宙空間において船舶が発するAIS(自動船舶識別装置)信号を受信するシステムを内蔵しており、その機能実証を主な目的としている。

内蔵したAIS受信システムは、多くの船舶による信号をデジタル化し、個別の船舶信号に分離して識別できる。混雑した海域における船舶の動きが把握可能となる。

また、衛星機器の不具合発生などに備えて、自己診断をはじめとした複数の復旧手段を採用した。人の手が届かない宇宙空間にて不具合が発生した際も、ミッションの継続を可能とする。

IHI-SATを搭載したノースロップ・グラマン社のシグナス補給船は、2022年2月20日の午前2時40分(日本時間)、米国バージニア州のNASAワロップス飛行施設 中部大西洋地域宇宙基地にてアンタレスロケットにより打ち上げられた。

Space BDは、IHI-SATの打ち上げや放出に関する全ての技術調整、安全審査、官辺申請といったサポートをワンストップで担っている。今回のプロジェクトにおいては、2018年の初動段階からサポートを開始していた。

IHI-SATは、シグナス補給船でISSに輸送された後、日本実験棟「きぼう」から超小型衛星放出機構「J-SSOD」により宇宙空間へ放出される。運用期間は約1年間を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る