汎用材料で造形できる産業用3Dプリンターを開発――独自の材料押出方式を採用 セイコーエプソン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(左)産業用3Dプリンター本体 (右)フラットスクリュによる造形

セイコーエプソンは2022年3月7日、汎用的な材料を用いて高精度かつ高強度の造形ができる産業用3Dプリンターを開発したと発表した。

従来の3Dプリンターは専用の造形材料を使用する必要があったため、最終製品向け工業部品への適用が限定的だった。

今回開発した3Dプリンターは、同社が小型射出成形機に搭載しているフラットスクリュ(インラインスクリュをフラット化した技術)による独自の材料押出方式を採用。これにより、安価で入手が簡単なペレット材(樹脂および金属)や環境負荷が低いバイオマスペレット材、耐熱性の高いPEEK材などの汎用的な材料を使っての造形が可能になる。

また、プリントヘッド内の圧力制御や造形速度と連動したバルブ調整によって材料の射出量を精密に制御できるようにし、さらに造形面の温度制御も精緻に制御したことで、造形物の精度と強度を同時に向上させた。

今回開発した産業用3Dプリンターによって最終製品向け部品への展開が容易になり、多品種生産にも容易に対応するカスタマイゼーション推進に貢献するという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る