東芝、最大15Wの送電が可能なワイヤレス送電用ICを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝は2016年1月18日、最大で15Wの送電が可能なワイヤレス給電送電用IC「TC7718FTG」を開発し、サンプル出荷を開始したと発表した。2016年春に量産を開始する予定だ。

TC7718FTGは、マイクロコントローラと接続して使用することで、WPC(Wireless Power Consortium)が策定するQi(チー)規格(無接点充電の国際規格)V1.2に準拠したワイヤレス給電送電システムを構築できる。同社独自のアナログプロセス(CD-0.13プロセス)を用いたことで小型かつ高効率なため、送電システムの省スペース化も図れるという。

同製品を使用した送電システムは、同社の受電用コントロールIC「TC7764WBG」を用いた5W受電システムや「TC7765WBG」を用いた10W受電システムと組み合わせることが可能だ。さらに、Qiv1.2に準拠した「TC7766WBG」と組み合わせれば、15Wまでワイヤレスで給電できる。

伝送方式は電磁誘導方式で、動作電圧範囲が4.5V~25V、駆動周波数が110kHz~205KHzとなっている。フルブリッジゲートドライバ(ハーフブリッジにも対応可能)1ch、ASK信号復調用LPF、3.3V出力LDOを内蔵する。

スマートフォンやタブレット等のモバイル機器、産業機器への充電台などへの活用を想定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る