海外出張しても夕食には帰宅――マッハ9のスペースプレーン「Stargazer」のコンセプトを発表

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Venus Aerospace/Vimeo

スタートアップの米Venus Aerospaceは2022年6月7日、マッハ9で飛行する極超音速スペースプレーン「Stargazer」のコンセプト動画を公開した。

2020年に設立した同社は、ベンチャーキャピタルおよび政府から総額3300万ドル(約46億円)以上の融資を受けて、マッハ9の極超音速ドローンとスペースプレーンの開発中だ。航空宇宙や軍事、研究開発の専門家が結集し、ゼロエミッションの次世代型ロケットエンジン、革新的な形状の機体、先進の冷却システムの3項目に注力している。

これらの課題を解決すれば、既存の設備とスペースポートを利用して離着陸可能になり、世界の各都市を1時間で結べるという。昼間どこに出かけていても「夕食は家で(HOME FOR DINNER)」とれるようになるかもしれない。

既に技術実証用のエンジンの設計と製造が完了し、極超音速風洞および推進テスト施設で主要な実験を実施した。ヒューストンにあるスペースポートで、地上試験に向けた取り組みが始まっており、2023年には試験用ドローンを使った亜音速および超音速飛行試験を開始する予定だ。

Venus Aerospace STARGAZER™ from Venus Aerospace on Vimeo.

関連リンク

Venus Aerospace Unveils “Stargazer™,” Its Mach 9 Hypersonic Spaceplane

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る