自由度の高いロボット設計に対応する回転モジュールの受注を開始――関節機構に適したアクチュエータ THK

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

THKは2022年7月20日、ロボットの関節機構に適したモジュール型のアクチュエータとして、回転モジュール「RMR」の受注を開始した。幅広い設備に適したユーザー独自のロボット設計に対応する。

RMRは、#10、#30、#50、#70の4種類をラインアップする。主軸受として、同社製の剛性に優れたクロスローラーリングを回転機構として採用。さらにロボットの関節部には欠かせない減速機、モータ、エンコーダ、ブレーキなどの要素を一体化している。

ロボットの関節機構に適したアクチュエータで、ロボットの関節部に必要なメカ要素をすべて搭載。自由自在にアーム部品や直動モジュールを組み合わせることができる。

ユーザー自身でロボットに必要な仕様を合理的に設計/構築でき、RMRをアーム部品、直動モジュールと組み合わせられるだけでなく、回転部の軸数、アームのリーチ長、可搬重量など様々な仕様に合わせてメカ要素を設計できる。また、同社グループが希望の要求仕様に合わせて制御機器まで含む装置を提案することもできる。

モジュールとして減速機、モータ、エンコーダ、ブレーキなどの要素を一体化しており、一から部品選定、設計、組立をする必要がないため、工数を削減できる。また、剛性に優れた同社製のクロスローラーリングを回転機構の主軸受としているため、大きなモーメントを負荷できる。

中空構造を採用しており、配線ケーブルやチューブ等の取り回し性が高くなっている。制御ドライバはRMRとは別置きにし、本体全長をよりコンパクトに設計。また、RMR本体と制御ドライバをそれぞれ独立させ、配置の自由度を向上している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る