国産ドローン向け低騒音プロペラを開発 ACSL、JAXA

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ACSLは2023年3月16日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、JAXA独自技術の低騒音プロペラ「Looprop」の設計手法の高度化に関する研究において、静音効果の確認を発表した。従来のプロペラより、音圧が最大で2.3dBA低下した。

ドローンは、従来では飛行禁止となっていた市街地や住宅の上空も飛行できる制度(以下、レベル4)の整備が進められているが、レベル4ではドローンが人間の生活圏を頻繁に飛行することから、ドローンから発生する「音」を静かにすることが大きな課題となっている。

そこでACSLとJAXAは、Loopropをベースに、ACSLの国産ドローン「SOTEN(蒼天)」に搭載する低騒音プロペラ「Looprop for SOTEN」の試作品を共同で開発した。最適化設計によって、従来型プロペラ(現在のSOTENのプロペラと同形状)と比べた際に、同等の推力を維持したまま静音性能を達成。人の不快感が軽減された。

新規開発プロペラを搭載したSOTEN

Looprop for SOTENの屋外での効果検証飛行試験では、音圧レベルが通常の2枚羽プロペラと比べ、最大で2.3dBA低下した(音圧エネルギー換算で41%減少)。音質は、耳障りの主因となる倍音成分によるプロペラの特徴的な音が減少しており、自然界の騒音の音質により近くなるという性質と相まって、全体の静音性が向上している。

ACSLとJAXAは今後、レベル4社会に向け、研究開発を進めていく。

関連情報

JAXAとACSL が低騒音プロペラ(Looprop)の設計手法の高度化に関する共同研究で静音効果を確認 <従来のプロペラより最大2.3dBA(音圧エネルギー換算41%低減)の静音効果を達成> – 国産産業用ドローンのACSL | 株式会社ACSL

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る